【だるい&眠い】筋トレ後・翌日の体の不調に効く8つの対処法を紹介

ヒロヒロ

筋肉が付くとか健康になる以前に、だるくて眠くてしんどいんやが…。


筋トレを習慣にすると、こんな悩みに直面します…。

もうやんもうやん

筋トレ直後はまだ分かるけど、翌日も続くってどゆことやねん…。


なんてことを僕も当時思っていました。

続けることが重要な筋トレに置いて、これは中々大変…。

僕も色々と調べたり試したり、効果的な対処法を探ってきました。

今回は筋トレを習慣にすると直面する、だるい&眠い問題への対処法を紹介します。

 

筋トレ後のだるい&眠いの原因は?

①筋トレの疲労

最も大きな原因として考えられるのは、疲労です。

筋トレは大きなエネルギーが必要なので、頑張った後は血糖値が下がり、脳の働きも低下しボーっとします。

また、疲労した筋肉を修復するにも多くの栄養が必要なので、それが元で翌日もだるさが続くと言うのが考えられます。

②自律神経の働き

筋トレなどの運動を終えると副交感神経が優位になり、体が徐々に”リラックスモード”へと移行していきます。

もうやんもうやん

分かりやすい例で言えば、お風呂入ったら眠くなるみたいな感じだな。


同時に体温も下がっていくので、人間の自然な反応として眠くなってしまうのです。

 


筋トレ後のだるい&眠いはどう対処したらいいの?

原因を見てお分かりの通り、筋トレ翌日のだるさ&眠気には疲労の軽減&回復がカギになってきます。

対処法としては以下8つがオススメです。

筋トレ後にだるい&眠いときの対処法

①ストレッチで筋肉をほぐす
②筋トレを軽くする
③筋トレの前後で糖質を摂る
④タンパク質を補給する
⑤質の高い睡眠を目指す
⑥20~30分の仮眠をとる
⑦朝の軽い運動で血流を促す
⑧ゆるめのお風呂に浸かる

など、意識出来そうなものを取り入れてみましょう♪

それぞれのポイントについて、以下にまとめていきます。

①ストレッチで筋肉をほぐす

基本にして最も効果的なのがストレッチです。

もうやんもうやん

色々やったけど、だるい&眠いに1番効いた実感あったのがコレよ。


筋トレで疲労した筋肉をほぐさないまま放っておくと、カチカチに固まったままになり血行が悪くなってしまいます。

筋トレ後、入浴後のストレッチを習慣にし、披露が溜まりにくい筋肉を維持することに努めましょう。

②筋トレを軽くする

頑張り屋さんなあなたは、筋トレの内容を見直しましょう。

ハードな筋トレを続ければ疲労は溜まり、だるい&眠い以外にも様々な体の不調が起こってくることがあるようです。

ヒロヒロ

気合と根性でフルパワー…が正義ではないんやな?


筋トレ時間を短縮したり、メニュー数や負荷を減らしたり、内容を軽くして疲労を軽減させましょう。

③筋トレの前後で糖質を摂る

筋トレのエネルギー源は、ご飯などに含まれる糖質です。

つまり筋トレ後しっかり補給してあげないと、当然ガス欠状態になりボーッとしてしまうのです。

もうやんもうやん

『筋トレして糖質とか…』って言う人いるけど、食べないとマジでだるいのよ…。


筋トレの前後でしっかり糖質を摂取すると、筋トレの効率アップと共に疲労予防にもなるのです。

④タンパク質を補給する

ご存知の通り、筋肉の材料になるのがタンパク質です。

不足すると筋肉は成長せず回復が遅れるので、筋トレするならタンパク質への意識は必須!

ヒロヒロ

マッチョがプロテイン飲むのって、筋肉を付ける為だけじゃないんやな…。


普段の食生活から肉・魚を意識して、余裕があればプロテインも活用すると万全ですね♪

タンパク質の補給に役立つ”間食”については、以下の記事へ。

⑤質の高い睡眠を目指す

筋肉を眠っている間に修復されます。

睡眠不足や睡眠の質が悪いと、翌日まで疲れが残ってだるい&眠いなど体の不調を引き起こしてしまいます。

ヒロヒロ

残業当たり前の俺に…睡眠時間を増やすなんて厳しいぜ…。


って方は、睡眠の質に重点を置きましょう。

睡眠の質を高める為に…?

・寝る前のストレッチを習慣化
・部屋の電気を暗くする
・寝る直前までスマホを見ない
・体を冷やさないように注意する
・食事は寝る3時間前までに済ませる
・翌日の予定をメモしておく

などなど、ぐっすり眠るコツを実践してみましょう♪

⑥20~30分の仮眠をとる

1度でも『眠い…』と感じたら、抗うのは難しい…。

だるい&眠いを引きずったまま仕事や勉強をしてもシンドイだけなので、20~30分の仮眠を取るのもオススメです。

ヒロヒロ

仮眠ったって、仕事の休憩中とかでも仮眠って難しくないか…?


どうやら仮眠は、”目を閉じるだけでも効果があるようです!

ぐっすり寝ると夜に眠れなくなるので、寝過ぎには注意。

⑦朝の軽い運動で血流を促す

ちゃんと寝たはずなのに、翌日だるい…。

ならば、朝に軽い運動をしてみるのもオススメです。

もうやんもうやん

朝起きたらスクワットとか逆立ちするんだけど、体を動かすと元気出るぜ。


体がだるい中での運動は億劫かと思いますが、体中に血が巡ってみるみる体が温まってシャッキリします!

朝に運動するメリットを以下にまとめてみました。

⑧ゆるめのお風呂に浸かる

疲れを取る習慣の代表と言えば、やっぱりお風呂!

血行を促進したり、筋肉の緊張をほぐしたり、頑張った筋肉の回復には非常に効果的です。

もうやんもうやん

ただ、温度はぬるめにして、長風呂しない方がいいらしいぜ。


あっついお風呂に入ると逆効果になるので注意。

お風呂の回復効果と注意点については以下の記事をどうぞ!

 

筋トレは前後のケアもセットで!

筋トレ後の眠い&だるいは自然なこと!

ですがそれが続くと筋トレの意欲も減退してしまうので、紹介した方法を取り入れながら上手に付き合っていきましょう。

鍛えるだけじゃなく、休息も立派なトレーニングですので、オンとオフのメリハリを付けて頑張るのがあなたにとってのベストです。

だるい&眠い…とならない為の、軽めのメニューは以下の記事へ!