ロックダンスのシンプル&便利な【スクービ―ドゥ】のやり方とコツを動画で紹介!

ロックダンスの足技“スクービ―ドゥ”

最もシンプルで、使いやすく、繋げやすい、なるべく早めに覚えておきたい便利な技です。

使った後に”間”を作ることも出来るので、僕は特に1人で踊る時は重宝しています。

そこで今回は、スクービ―ドゥについて!

やり方とコツ、3種類の使い分けと組み合わせなど、まとめて紹介していきます。

 

スクービードゥってどんな技なの?

スクービードゥは、腕を振りながら足をキックして入れ替え、完了と同時に体を静止する技。

体を正面に向けて静止するロックとは、ポーズこそ違いますが役割は似ています。

動きの締めとしてはもちろん、スクーバやウィッチウェイなど、他の足技に繋げやすいのもポイント。

入りのキックにもいくつかパターンがあるので、状況に応じて見せ方も変えられる便利な技です。

 

キレイなスクービードゥを身に付けるポイント

スクービ―ドゥを身に付ける上で、覚えておいて欲しいポイントを3つ紹介しますので、練習の際は注意しましょう!

①軸足は曲げて背中を丸め、重心を低くしよう

スクービ―ドゥの重心

基本通り、軸足と背中を意識して重心を下げましょう。

特にジャンプを入れるタイプのスクービ―ドゥだと、ジャンプの瞬間に背筋が伸びて、膝も伸びた状態で着地しがちです。

最後足を下ろす時も勢いよく下ろすと、反対に上半身が伸びてしまうことがあるので注意です。

②足を踏み鳴らすと同時に動作を止めよう

スクービ―ドゥの静止部

最後に足を下ろす動作と同時に、腕を振り切って、ロックと同じように体をカチッと静止させます。

タイミングがズレると不格好になりますし、次の技に繋げるのに遅れが出てしまいます。

③腕は縦ではなく横振りで

スクービ―ドゥの腕振り

画像左のように腕を前後に振ると…どうにも締まりません(笑)

腕はなるべく真横に振るように意識して、画像のように『N』字型を目指すのが個人的にはカッコイイと思っております…。

鏡を見ながら角度を調整し、百発百中でその形に入れるように練習しましょう!

 

3種類のスクービードゥを使い分けよう!

僕はスクービードゥを大きく3つのパターンで使い分けています。

覚えておくと振り付けの幅も広がるので、習得にチャレンジしてみましょう♪

※呼称は勝手に付けました(笑)

パターン①:スイッチ

ジャンプせずに、キックしてその場で足を入れ替えるだけのスクービードゥ。

最も省エネで使えるパターンですが、しっかり腕を振れば動きの小ささはカバーできます♪

キック→入れ替えで上半身に捻りを加えるのがポイントです。

パターン②:キックジャンプ

最も基本的なスクービードゥがコチラ。

太ももを上げ、踏み付けた勢いを借りてジャンプして空中で足を入れ替えます。

キックした足にしっかりと体重を乗せること&踏み切る足は太ももを高く引き上げるのがポイントです。

パターン③:スイング

足を後ろに振って助走を付け、強く蹴り上げながらジャンプする変則スクービードゥ。

助走が必要なので他のパターンと比べると使いどころが難しいですが、高さが出せる分、また違った見せ方が出来る。

勢いが出る分、姿勢がブレやすい点には注意が必要です。

 

スクービードゥのよく見る使い方

スクービ―ドゥのパターンを覚えたら、今度は応用編。

よく見るスクービードゥの組み合わせで、基本的な物を2つ紹介しますので繋げて練習してみましょう♪

パターン①:ロック→スクービードゥ

ロックで姿勢を落とした後にスクービ―ドゥ!

紹介した3つのパターンのどれでも繋げることが出来るので、全てのパターンで使えるようにしておくと便利。

ロックを終えてスクービ―ドゥに切り替えるタイミングで、上半身が伸びないように注意!

ロックのやり方についてはコチラをどうぞ!

パターン②:スキーターラビット→スクービードゥ

どちらも入り方は同じなので繋げるのは比較的簡単。

スキーターラビット⇒スクービ―ドゥの切り替えのタイミングで、反対の肩をしっかり入れるのがポイント。

スキーターラビットの動きが大きいと切り替えがスムーズに行かないので、丁度良いバランスで組み合わせましょう。

スキーターラビットのやり方についてはコチラをどうぞ!

 

もう1つのロック!スクービ―ドゥを使いこなそう!

ロックと同じ特徴を持つ足技”スクービ―ドゥ”。

シンプルですが、それ故に使いやすく、他の足技との相性も良いので場面を選ばずに使っていくことが出来ます。

紹介した3つのスクービ―ドゥを身に付けて、それぞれしっかり使いこなせるように練習していきましょう♪

ロックダンスの他の技については以下まとめをどうぞ!

⇒【Coming soon…】

 

【案内】東京でダンスサークルやってます

ここからはご案内です♪

僕は東京都内で”超”初心者さんを対象にしたダンスサークルを主宰していて、主にロックダンスを教えています。

運動が苦手・体が超硬い・体力に自信がない・リズム感がない・スクールは怖い…などなどの理由から、一歩踏み出せなかったあなたにとって良い機会になるのではないかと思っています♪

詳細が気になる方は以下の詳細をチェックです!