プッシュアップバーを『いらない&効果ない』と思っているあなたはここをチェック!

プッシュアップバーなんていらない&効果ない!

驚きました~…まさかこんな意見があるなんて…(汗)

僕はプッシュアップバーを愛用し始めて4年になりますが、未だに腕立て伏せする際はガンガン活用しています。

多くの筋トレマンも推奨していることを考えても、その効果はやはり本物であると言えるでしょう!

そこで今回は、プッシュアップバーの注意点について!

いらない&効果ないと聞いて心配になっているあなたへ、キチンと効果を感じる為のチェックポイントを紹介していきます。

 

プッシュアップバーは地味ながらスゴい効果がある!

プッシュアップバーはスゴい!

プッシュアップバーは、負荷の高い腕立て伏せが出来る道具。

その名の通り過ぎる+腕立て伏せがそもそも地味なせいで、プッシュアップバーの効果も軽視されがち。

ですが、そもそも腕立て伏せが実は超優秀なトレーニング!

場所を必要とせず、様々なバリエーションがあり、上半身の広範囲(胸・肩・腕・背・腹)に負荷を掛けることが出来ます。

そんな優秀な腕立て伏せを強化できるだけでも十分魅力的なのですが、詳しくオススメな理由をまとめると…。

プッシュアップバーはここがスゴい!

①筋肉の可動域を広げて負荷アップ
②手首への負担を軽減できる
③様々なメニューに応用が効く
④コスパが良すぎる

などなど様々な理由から多くの人にオススメしたい!

優秀な腕立て伏せを強化させるだけでも使う価値があるのに、使い方も様々で体への負担も軽減出来る!

それなのに効果が無いと言われる理由はなぜなのか…?

 


いらない・効果ないって人はここをチェック

いやいや、やっぱりプッシュアップバーは優秀!

それなのに、使ってみても効果を実感できなかった、何がスゴいのか分からなかったと言うあなたは以下をチェックしましょう。

プッシュアップバーを活用する注意点!

①腕立て伏せの基本姿勢が間違っている
②十分に腕立て伏せが出来る筋力がない
③プッシュアップバーより深く沈み込めてない
④置く向きや角度が体に合っていない

トレーニングのフォームを動画に撮るなどして、プッシュアップバーの使い方を確認していきましょう!

①腕立て伏せの基本姿勢が間違っている

プッシュアップバーは腕立て伏せを“強化”する道具です。

その腕立て伏せがそもそも間違っていたら、当然プッシュアップバーも効果を発揮することは出来なくなってしまいます。

まずは、自分の腕立て伏せのフォームをチェックしましょう。

普通の腕立て伏せ

基本は頭からカカトまで常に一直線をキープすること!

頭を振ったり、腰を上げて休んだりせず、セットの間は常に姿勢を保ったままゆっくりと上下運動を繰り返します。

基本の腕立て伏せをマスターしよう!

・手は肩幅の1.5~2倍に広げる
・お腹に力を込めて頭からカカトまで常に一直線に
・常に胸を張り、床スレスレまで体を下ろす
・頭を動かさないように目線は前に固定する
・呼吸は体を下ろす時に吸い、戻す時に吐く

プッシュアップバーの効果を引き出すには、これらのポイントを踏まえてキレイな腕立て伏せが出来ることが絶対条件です!

ここで躓いてしまったあなたはコチラの記事をどうぞ!

②十分に腕立て伏せが出来る筋力がない

上述したように腕立て伏せはフォームが難しく、丁寧に実践すると中々にキツいトレーニングなのです。

プッシュアップバーの効果を実感するには、普通の腕立て伏せ10回でヒーヒー言っているようでは筋力不足です。

まずはコチラの動画を参考にして、余裕をもって10回×3セットをクリアすることを目指しましょう。

その後のレベルアップの手段として、プッシュアップバーを活用すると、しっかり効果を実感することが出来るでしょう!

③プッシュアップバーより深く沈み込めてない

プッシュアップバーで胸を下ろす

プッシュアップバーを使うと高さが出る分、大胸筋を限界まで伸縮させることが出来るのでトレーニング効果が大幅にアップします。

しかし画像左のように沈み込みが甘いと、折角の可動域を活かし切れていないので、効果アップはあまり期待できません。

…せいぜい手首が多少楽なぐらいです(笑)

トレーニングの効果を引き上げるのが狙いであれば、常に床スレスレまで胸を落とす意識を持ちましょう。

これぐらい落とせれば、効果バツグンです!

肩甲骨の可動域は、床を意識してプッシュアップバーを使っていれば、徐々に柔軟性が出てきますよ!

④置く向きや角度が体に合っていない

プッシュアップバーは縦置き

プッシュアップバーは置く向きや角度によって、負荷を掛けやすい部位がちょっとずつ変わってきます。

もしあなたが、大胸筋に刺激を与えたいと思っているのであれば、置き方は縦置きで、可能なら画像右のようにハの字にするのが効果的です。

横置きがダメと言うことではありませんが、大胸筋への刺激が少し落ちて、代わりに僧帽筋(肩)に負荷が分散しているような印象を受けました。

 

プッシュアップバーを使いこなして効果を実感しよう!

あなたがもし仮に、プッシュアップバーを『効果ない!』と思っているなら、それはあなたの腕立て伏せか使い方に問題アリです。

紹介したチェックポイントを参考に、腕立て伏せのフォームを確認し、筋力アップさせ、効果的に活用する為の準備をしましょう!

正しく使えた翌日は、しっかりと大胸筋に筋肉痛を感じることが出来るでしょう♪

プッシュアップバーを使ったメニューまとめは以下の記事を参考にどうぞ!